俳優への登竜門「オーディション合格」目指すなら【UPS】アップスアカデミーからスタートしよう!

将来の俳優、女優を目指したいと考えたときは、オーディションという登竜門があります。でも、いきなりオーディションを受けて合格するという例は、まったくの稀であるとしか言えません。どこかで勉強をしていって、チャンスを掴んでいく道が、堅実で確実性の高いものです。

今世界を舞台に活躍している俳優は、皆演技力を磨いて、やっとの思いで日本やさらに世界の映画や舞台の世界で活躍することが出来た人ばかりなのです。

具体的にはどうすれば、演技力を磨くことができるのでしょうか。
俳優を目指す方にご紹介したいのが、【UPS】アップスアカデミーで、俳優の養成学校です。2~3年の期間で、しっかりと演技の基礎を学んでいくのですが、多くの学生が、在学中や卒業後にオーディションに勝ちぬいて頑張っている学校です。

そんな方への【UPS】アップスアカデミーは、演技について徹底指導し、プロとしてふさわしい演技力をつけています。演技力を1から学べる学校ならではのカリキュラムが用意されているのです。担当の講師とアシスタントによって、しっかりとした演技の指導を受けることができて、その人のもっている力を引き出してくれるカリキュラムです。

【UPS】アップスアカデミーは、こちらです。
http://www.upsnews.co.jpupsnews.co.jp
俳優への道は、強い意思と努力していく気持ちがあれば、演技力はどんどん磨かれていきますし、それをサポートしていくのが、【UPS】アップスアカデミーなのです。

Posted in スクール・学び | Leave a comment

タレントマネジメントの導入は難しい

アメリカで普及しているタレントマネジメントを日本でも導入する動きが広まっています。ただこのタレントマネジメントのシステムはただ導入しただけでは効果を発揮しません。一人一人の意識向上が必要不可欠ですし、何より経営のトップが積極的に変わろうとしない限り導入は進みません。従来の人事課手動で導入を進めて行っても成果が上がらないのです。そのためタレントマネジメントのシステムと導入した物のすぐに諦めてしまったなんてところも出ています。

タレントマネジメントを成功させることができると、職場が求めている優秀な人材を育てることができます。それはリーダーとしても優秀な人材を育て上げることができることになります。個々の持つ能力を最大限に引き出すことでこれからも続いていく労働者人口の減少による人材難を乗り越えていくポテンシャルを持つことができるのです。これからの将来を考えてみると大企業だけでなく中小企業にこそ必要とされるシステムでもあります。

実際には大企業に比べて中小企業でのタレントマネジメントの導入はかなり遅れています。旧来の人事システムを取り除くところから始めないといけないため、旧体制を壊すことからまずは始めていきましょう。

Posted in ワーク | Leave a comment

タレントマネジメントの導入に失敗したら

タレントマネジメントの導入を考えている企業も多いと思います。日本ではまだまだ未完成な部分も多いシステムですが、欧米での実績を参考に導入を考えている企業は日本でも増えてきています。タレントマネジメントを導入すれば人材が育ち労働力低下が懸念されている中でも十分に戦っていける企業に育つことができます。国際競争が激しくなることを考えてみると今後企業の人材育成は必須事項ともいえる問題です。

タレントマネジメントはただシステムを導入してみれば成功するというものではありません。多くの企業がタレントマネジメントのシステムを導入しながら失敗してしまっているのはただシステムを導入してそのシステムに合わせた仕事をしているだけだからです。システムを導入してみてもそれを実行する人材が意識を高めていかないとただシステムに示されていることをやっているだけのロボットになってしまいます。個人の意識を高めてタレントマネジメントの導入に対する意味を考えていくといいでしょう。

タレントマネジメントシステムの導入を成功させることは難しいのです。失敗例はほかにもたくさんありますし、その失敗例を解決できれば成功できるというわけでもありません。ただ失敗から学んでいくことで人材の育成はできるようになりますのでタレントマネジメントを導入するときも様々な失敗から学んでいくようにしてください。

Posted in ワーク | Leave a comment